浄土真宗門徒の自己認識

この度、広陵東組の団参委員会が平成27年団参を、三河の真宗寺院訪問で企画されました。三河は、もともと高田派の方々が開教された土地です。その後、蓮如上人の布教により本願寺(東西に別れる前)の勢力が強くなりました。徳川が三河の土豪として勢力を伸張しました。桶狭間の戦いにより今川が滅び、その人質であった徳川家康が解放され、三河で徴税権を確立す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一向一揆試論……長島・三河紀行

 平成27年1月22日(木)~23(金)に、広陵東組寺族部で長島・三河を訪れた。団長部長(広寂寺)武田達裕・副部長(光明寺)碓井真行・立案(善教寺)乗元善昭・(妙蓮寺)法山総貫・(善通寺)古川知行と(教西寺)武田勝道のメンバー6名である。  旅行第2日目から書き記す。 三河一向一揆は、永禄6年(1563)から永禄7年(1564)まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

差別用語は使用禁止されるべきか(メモ)

私がホームページを開設したのは、私が書いた文書を差別文書とされたからでした。10年以上前のことでした。 この文書については、当時京都部落問題研究資料センター(旧京都部落史研究所)所長であった灘本昌久さんの言葉で語りつくされているように思います。 私は一歩すすめて「そもそも差別用語の使用は禁止されるべきか」ということについて抱いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思考停止

人権、平和、平等、友愛(みんな仲良く)、これらはまともな思考ツールといえるだろうか。 この言葉を発したとき、すべてが終わる。 釈迦や親鸞は、普遍に逃げず、迷路に迷わず、誠実に思索し、行動された。 浄土真宗一流の同行は知るべし。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秘密録音(平成25年2月5日NHKクローズアップ現代)

秘密録音が取り上げられていた。私は、町内会長・社会福祉協議会会長をしているが、日本の地域社会ではウソは例外ではなくいわゆる地域の名士のほとんどはウソが常態・原則であることを日々思い知らされている。日本社会では、KYが犯罪でその場の空気のためならウソが原則であり、ウソをつかない人間は排除される。私は生まれて現在まで排除され続けられている。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野田佳彦が安倍晋三を圧倒した

野田首相は、勝った。野田佳彦が安倍晋三を圧倒した。総選挙で、民主党は相対第一党(比較第一党)になる可能性がでた。過半数は無理であるが、民主党のボーダー議員が全員当選し、自民党のボーダー議員が全員落選する可能性が高くなった。 昨日の国会党首討論は圧巻であった。 自民党の現在落選中の議員は、この度の選挙で当確と夢を持っていたが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西本願寺派の院号

「本願寺だけでなく宗派も懇志進納者に院号を授与することができるようになったが、(寺院でない)宗派は本願寺のように院号授与者に永代経法要を勤めることはことはできない。 そこで、宗派は…中略…1点当たり2500円相当を翌年度の賦課金依頼額から差し引くという制度が導入された。」(中外日報平成24年9月29日) こんなデタラメ記事が、宗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍晋三がまともな発言をしていた

2月5日の「たかじんのそこまで言って委員会」に安倍晋三元総理が、寺脇元文部省官僚とともに出演していた。 非常に正論を述べていた。山口県厚狭の祐念寺は親せきになるが、下関に近く安倍氏なども挨拶に来ていたようだ。 私は安倍晋三元総理とまったく接触点はないが、彼が総理大臣になったとき、一番最初に何をしたか。郵政民政化に反対した議員…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

但木敬一元検事総長を第2回文化講座にお招きしました。教西寺のホームページをご覧ください。

昨年は、徳川文武先生をお招きし、第1回目の教西寺・やわらぎ幼稚園やわらぎ保育園共同企画の文化講座を開催しました。徳川先生は、水戸藩最後の藩主徳川昭武の曾孫で松戸徳川家第3代当主です。 今年の第2回文化講座は、平成24年6月17日(日)に、元検事総長の但木敬一先生をお招きしました。 質問の時間も設けています。これから法曹を希望され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観音学区社会福祉協議会ホームページ

観音学区社会福祉協議会ホームページを開設しました。 観音社協は、地域の福祉と安全を確保し、緩い余裕のある自由な近隣関係を目指しています。 地域には、いろんな思想をお持ちの方、いろんな人格の方、品のある方ない方、お金のある方ない方、永くお住まいの方最近お住まいになりだした方等々、よく言えば多様性豊かというのでしょうか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大谷光真門主(浄土真宗本願寺派(西本願寺))と菅直人首相は、一卵性双生児である

門主を批評するのは可能な限り避けたい。 ご門主には出来る限り早く、ご退位いただきたい。 西本願寺宗門基本法規を変える前に、ご退位いただきたい。 西本願寺 宗門基本法規 改悪に反対する 大谷光真本願寺門主に宗門浄土真宗本願寺(西本願寺)派と本山本願寺を私物化させる宗門基本法規制定調査会
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスコミ人に倫理はない

テレビや新聞のマスコミ人には、まったく倫理のかけらもない。 精神がさみしい我が国の首相菅直人さんは、平気で人をだます。 それにマスコミは手を貸している。 政治家は、言葉だけで存在する。宗教家は、やはり言葉だけで存在する。マスコミ人も、そのはずである。 不信任をめぐる戦いで、菅直人さんはだました。 偽善なのか馬鹿なの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この時期にお花見は是か非か……東北関東大震災の春に

東北関東大震災の罹災者にお見舞いとお悔やみを申し上げます。 私が町内会長をしている町内で、この27日(日)に、小学新1年生のお祝い式とお祝い会を兼ねた町内世代交流のお花見を「町内観桜のつどい」を行う予定にしている。 第2部のお花見(町内観桜のつどい)は、町内に桜のある適当な空間がないため、教西寺(住職は私)が設置する「やわら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

売国奴仙谷由人の率いる民主党の地方議員をゼロにせよ

ZEROに仙谷由人が出演していた。彼は狂っている。尖閣問題での隠蔽体質と欺瞞体質。仙谷由人のような売国奴はいない。民主党の今の執行部の体制で、この4月の地方選挙において民主党に投票する人間は日本に居住する資格はない。 日本の将来に責任を持ち、この世界で名誉ある地位を占めたいと思う日本人は、この4月の地方選挙でとにかく民主党以外の人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次回衆議院総選挙で、尖閣ビデオの全部の公開を約束すれば、自民党は大勝できる

次回の衆議院の総選挙で、自民党が尖閣ビデオの中国人船長逮捕の部分を含め全部を公開することを必ず守るマニフェストに掲げれば、大勝する。 今、日本に、ふたつの反動がある。ひとつは、郵政民営化の否定と社会主義化である。主役は、亀井静香と仙石由人である。郵政民営化が日本の不況と格差社会の原因、日本の巨大な富のアメリカへの献上と批判された。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尖閣ビデオ流出海上保安官……テレビ局は、モザイクをとれ

尖閣ビデオ流出海上保安官は、犯罪者ではない。テレビ局は、モザイクをとらなければならない。神戸の情報の取り扱いに見識のある人は、インターネットで英雄尖閣ビデオ流出海上保安官の映像を公開してもらいたい。マスコミ人に、歴史観をもった記者はいないのか。一人ひとりが、職を失い、時の権力者による刑事罰を受ける心意気のない人間にジャーナリストの資格は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民主党事業仕分け……この茶番劇(仙谷由人は、民主党の腐臭耐えがたい一番腐った人物である)

民主党事業仕分けは、当初よりアホらしかったが、中身のなさがいよいよ明らかになった。 仕分けは、結果を実現できる権限がない者がしても茶番である。権限のある者の資料にするための仕分けであるならば、仕分け結果に対してコメントをし、そして是とするものは実行しなければならない。 蓮舫をディスプレイ用に使用するのは良いが、その結果を担当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政権交代は情報の公開化にその必要性がある

小選挙区で実現する政権交代可能な二大政党制について、政策が似てくることをその弊害とする見解がある(政治学者や政治評論家では多数説のように思われる)。私は間違いと考える。全く同じ政策だとしてもプレイヤーが変更することは必要である。まず腐敗がなくなる。情報が透明になる。これだけで政権交代の必要性は十分根拠がある。人の多様性といっても政権を担…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

法的根拠のない拘束が許されるか……まるで赤仙好みのスターリン体制

逮捕しないで海上保安庁の庁舎に拘束する民主党、デュープロセスの観念はかけらもないのか。法的根拠のない拘束が現在の自由社会の日本で許されるのか。ソルジェニツィンの「イワンデニソビッチの一日」は、仙谷由人の骨の髄まで沁みついた体質である。仙谷由人を権力の座から追わなければ、日本の自由社会が崩壊する。 検察庁と海上保安庁は、日本の自由な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

検察・警察は、海上保安官を逮捕できないし起訴もできない

検察・警察は、基本的には権力維持装置である。菅内閣の支持率は致命的に下落した。検察・警察は、海上保安官を逮捕・起訴しても現政権を支えられない。逆に、逮捕・起訴した検察官・警察官は出世の道が閉ざされ、居場所を失う。従って、検察・警察は、海上保安官を逮捕できないし起訴もできない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【檄】赤仙東条と空き菅天皇は、戦前の天皇社会主義体制に国民を突き落とす……即刻、赤仙東条を排除せよ

戦前の日本の実態は、生き神様を戴く社会主義体制であった。現人神が、暗殺を恐れる喜劇であった。ソビエト体制は、スターリンが生き神様でなかった分、戦前の日本よりマシであった。生き神様社会主義を可能にしたのは、真実の隠ぺいであった。 今日、神戸の第5管区海上保安本部の海上保安官が、尖閣諸島・中国漁船衝突事件ビデオを流出したと名乗り出た。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

疾病首相菅直人は早急に総選挙をするべきである

民主党は政権担当能力がない。先の代表選挙でマニフェストを誰が作ったかおぼろげながら明るみになった。日本の世間では、選挙公約を守る政治家はバカと言われてきた。民主党のマニフェストは守るべきでないとマスコミは大合唱した。 私は、小沢一郎を高く評価してきた。今回の代表選で小沢支持の発言をしなかったのは、 (1)郵政再国有化政策をとり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西本願寺 宗門基本法規 改悪に反対する

                                          平成22年8月31日 浄土真宗本願寺派 総局 御中                                           安芸教区 広陵東組                                           教西寺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大谷光真本願寺門主に宗門浄土真宗本願寺(西本願寺)派と本山本願寺を私物化させる宗門基本法規制定調査会

【冒頭サマリー】宗門執行部を大谷家(門主)が直接選ぶ今回の制度変更に反対する。今回の宗門組織の改悪は、門主の幇間(ほうかん)(=ごますり)のみで執行部を固めるところに致命的欠陥がある。宗門(本山本願寺)を崩壊(倒産)させてはならない。本願寺教団は、門主の玉手箱を廃止するだけで改革できる。 今、宗門機構の大変更が行われようとして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

亀井静香を追放しない菅直人民主党は、参議院選挙で大敗する。

前々回の衆議院総選挙は、郵政であった。前回は、政権交代であった。私は、前々回の総選挙は、政権交代がテーマであったと考えている。しかし、小泉純一郎という類稀なる政治家によって、郵政改革がテーマになった。国民は、郵政改革は小泉でなければ実現しないと考えて、政権交代を次にして郵政を先にした。国民が圧倒的に支持した郵政民営化が実現する前に潰すの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おそまつなリーガロイヤルホテル広島

リーガロイヤルホテル広島で、結婚式があった。正確にいえば披露宴である。そこで、二人分の料理を食べるはめになった。300人から400人程度の披露宴である。隣席が、所用で食事になる直前に帰った。両側で、好きなものをいただこうと話していた。無駄にしないためである。フォロアーマネジャーらしき人間が、ウエイトレスに料理を運ぶなと指示していた。呼び…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政治家の言葉、宗教家の言葉

鳩山由紀夫首相が辞任する。当然である。民主党は、言葉を無化した。民主党代議士には、言葉がないものが多い。川内博史が代表格である。鳩山や川内によって、政治から言葉が失われた。 宗教家にも言葉を抹殺する者が多い。 善人は、人の世を崩壊する害毒がある。鳩山首相は、善人である。川内博史は、善人である。わが浄土真宗本願寺派(西本願寺派…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

案内状「差別」文書事件の続き

浄土真宗安芸教区主催の僧侶研修会が平成22年1月26日にあった。 被差別部落出身をカミングアウトして法務員をしている正木峯夫さんが講師であった。彼は部落解放同盟の運動家でもあるので、「安芸ねっと」にアップしている同朋三者懇が差別文書と指摘し、上園恵水前広陵東組々長が差別文書と決めつけた岸田秀氏の寺族部研修会案内状(法山総貫部長(当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民主主義の肝要……選ぶことではなく、落とすことである

民主主義とは、一言でいえば投票である。投票とは何か。ここで決定的な誤解がある。選良という言葉があるように、民主主義とは、代表者を選ぶ行為により権力に正統性を付与するという側面がその本質のように理解されている。これは致命的誤りである。 民主主義の肝心は、権力者を引きずりおろすところにある。チャウセスク、懐かしい名前である。女の尻にひ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

形式犯と収賄罪……小沢一郎民主党幹事長は起訴されるべきである

収賄罪とは何であろうか。私は、民主主義の構造は基本的には「たかり」であると考えている。 現時、マスコミや論壇では、収賄は不正という倫理的要素を根幹に置いている。ここに誤りがある。樋渡利秋検事総長は、法律が分かっていない。人間の本質が分かっていないのではないかと思う。 収賄罪は、執事の犯罪である。国王や皇帝には収賄罪は観念でき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バカ面、鳩山由紀夫首相

日テレが、定例世論調査を報道した。 [ 問8] 民主党の小沢幹事長は、自らの資金管理団体における2004年の4億円の土地取引をめぐる資金の流れについて、検察庁が捜査中であること理由に、具体的な説明を避けています。あなたは、小沢幹事長は説明責任を果たしていると思いますか、思いませんか? (1) 思う 4.3 % (…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民主党の苦悩……老害亀井静香は、退場すべき

年金問題と郵政問題は同じ  である。役人は、事業をするべきではない。役人支配の悲劇は、ソビエト・中国(中共)・北朝鮮で実証済みである。国家は基本的には夜警国家であるべきで、治安防災・国防・セイフティーネット的福祉を担うのが存在理由である。裁定機能が求めらるべきで、プレイヤーになってはならない。 郵政社長西川義文は、オリックス社長宮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年金問題と郵政問題は同じ……郵政民営化を支持する理由

年金問題はなぜ発生したか。納付時期と年金給付時期とに40年の時間差があるにもかかわらず、公務員の無謬という社会主義的フィクションで糊塗したアホさとグリーピアという「たかり」が原因であるが、今の時点で問題化したのは、「取り付け騒ぎ」が発生したからである。「取り付け騒ぎ」とは何か。団塊世代の年金受給年齢到達である。年金制度のデタラメさと資金…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

亀井静香が郵政問題・金融担当相になるそうだ

次回の参議院選挙、次回の衆議院選挙を推測してみよう。 亀井政問題・金融担当相が郵政民営化をストップし完全な官営化をしたとしたならば、来年7月の参議院選挙で民主党は敗退する。 過去何度も指摘してきているが、二大政党主義者と郵政民営化支持者と自民党支持者は、おおむね一致する。民主党支持者は、基本的には二大政党主義者ではない。小泉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政治家は舌先三寸

坊主は舌先三寸。政治家も舌先三寸。言葉を大切にしなければならない。 4年前の郵政選挙では、このBlogに精力的に書いた。最初(2005年(平成17年)7月17日)から小泉さんが勝つと書き続けた。結果も分析内容も正しかったと思っている。今回、最初から民主党が勝つことは明らかであった。政権交代以上のテーマを提示できなければ自民党は負け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

論争を拒む権丈善一がなぜテレビに出演するのか。権丈善一はバカか。

平成21年5月31日フジテレビの「報道2001」を見ていて驚いた。 慶応大学の品位の欠ける金権体質を体現した権丈善一という教授の発言に言葉を失った。 彼は選挙という評価にさらされていない。不遜な言葉使いで自民党の設計した年金制度を擁護していた。 自民党小泉元首相を年金が分かっていないと発言していた。 年金について論拠を示さず…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

玉手箱が諸悪の根源

 宗教上、習俗を論ずることは、習俗という言葉を行為の別名として使用するという含意があることに気づいた。習俗問題は、宗門人に信仰と行為の関係を問うことを期待している。現在の宗門において、宗門人の人格を破壊している最大の原因は、玉手箱(注1)である。玉手箱は、宗門人の品性を限りなく卑しくしている。当門(現門主のこと)に期待はもてない。新門(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

検察の愚挙

検察は間違っている。検察の愚挙は歴史的に高くついた。検事総長は、歴史に記憶されるポストではないが、検事総長樋渡利秋は愚物として歴史に残るかもしれない。林健太郎が「ワイマール共和国」という本で、ヒトラーの登場を許した責任を共産党にあると記述していたことを思い出した。 小沢一郎の政治献金の処理が、検察が主張するように重大犯罪であったと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衆議院の3分の2について

私も浄土真宗の寺院の僧侶であり、日曜日は今から月参りと年回法要の法事があります。時間がないので、結論だけ羅列しておきます。 NHKで与謝野さんが、衆議院3分の2について発言していました。重要な点におそらく故意に触れていませんでした。衆議院3分の2を得た選挙が、参議院の選挙の後か前かという点です。先の与野党が逆転した参議院選挙の直後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

基幹運動の闘士は、どこが間違っているか

信心と社会性について、私は以下のように考えています。 信心の社会性、信心と社会性、どちらでもよいと思いますが、内心が行動にならなければ何の意味もないでしょう。 内心(信条)の自由が主張されたのは、外にあらわれる行動(服装も行動であることを注意)をもって内心をあぶりだし、その人間を抹殺することを防止するためです。歴史的意義は大…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

民主党は政権を取れるか

民主党が、郵政民営化を見直そうとしている。 私は、小泉郵政選挙のとき、政権交代を望む人々が、郵政民営化を小泉政権のときでなければ実現しないと考え、彼らは自民党を支持すると自民党勝利を予言した。 小泉純一郎の勝利は、テーマを郵政民政化1つに絞ったことと、小泉政権でなければ郵政民営化は実現しないと期限を切ったことである。政権交代は先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やわらぎの願い……私の教育理念

やわらぎ幼稚園のHPをつくりました。 やわらぎ幼稚園は、やわらぎ保育園とともに教西寺が設置する保育機関です。 HPに私の幼児教育の考え方を載せています。 今年9月、私が会長をしている「観音学区防犯連合会」が、警察庁長官表彰をうけました。 私は、安芸ねっとを開設するきっかけとなった岸田秀さんの講演会案内状を書いたとき就いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福祉の格差

居住する地方自治体によって福祉に違い(格差)があるのは許されないという言い方がなされる。とくにテレビのワイドショーのコメンテーターの発言に多い。 全国一律同じ福祉サービスというのは、平等主義に根拠を置く。しかし、詭弁である。なぜ、日本に限定するのか。平等主義を根拠にするのならば、朝鮮や中国を入れないのか。東南アジアを入れないのか。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政治はタイミングである

 福田康夫さんが首相を辞任した。福田さんは今年になって大きな誤りをおかした。彼のテーマである中国に関してである。四川大地震で中国から自衛隊機を使用してよいから救援を頼むと依頼があったとき、なぜ間髪をいれずに自衛隊機を離陸させなかったか。中国に確認を入れてはならなかった。中国内の手続きはどうでもよかった。自衛隊員に中国のミサイルで撃墜され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

司法試験と弁護士

日弁連が、、「法曹人口の急激な増大は司法制度の健全な発展をゆがめる」として司法試験合格者3000人に“待った”をかけたそうである。(産経ニュース2008.7.18 22:10) 司法試験は資格試験である。それをアクセサリーにして、橋下徹大阪府知事のように他分野で活躍すればよい。司法試験合格者が弁護士としてメシが食えるか否かを、司法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宗教とは

宗教の定義を云々することはむなしい。岸本英夫が宗教の定義を採集してまとめているが、退屈である。ご本人も退屈であったと思う。論文の約束事として調べ羅列しただけである。 私は最近次のように実感している。宗教とは、人間を生きさせているものである。死も生きることの帰結である。生の一態様といえる。生きているということは、宗教のなかにいるとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天皇、世襲、右翼・左翼、真俗二諦

 浄土真宗本願寺派広陵東組習俗分科会で、宮台真司の「天皇と日本のナショナリズム―神保・宮台マル激トーク・オン・デマンドIV」(2006年、春秋社)を読んで自由に議論することにしている。しかし、該書を全メンバーに配布したが、なかなか通読していただけない。適当な章を選んで、1~2週間前に案内し、分科会で議論するやり方にした。  再度確…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三浦和義逮捕は、有色人種差別……裁判はフィクション

法律はフィクションです。裁判はフィクションです。 法律の目的は、社会の安定にあります。社会の安定を上手に効率よく安価に実現するために、正義という粉をかけます。 ”正義”があると信じますか。宗教を信じるのを、いわしの頭も信心と同列に考える人々がいます。彼らは、実に素朴に正義や真実や愛を語る。 英米法は、手続きが真実を造る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more